Windows10が公開されてからかなりの時間が経ち、多くの人がOSを乗り換えています。
中でも、旧OSからアップグレードした方は多いことでしょう。
ただし、アップグレードは互換性チェック等を行っているとしても、旧OSを引き継ぐわけですから不安定です。
不具合が起きなくても、動作が重くなったりすることもあります。
そこで、安定して使いたいならば「クリーンインストール」をお薦めします。

クリーンインストールとは、Windows10搭載パソコンを購入した時の出荷時状態のことです。
クリーンインストールする際は、OSの正規ライセンスと周辺機器メーカーのWin10対応ドライバを確認します。
念のため、システムのバックアップを取り、Microsoftが提供しているメディア作成ツールを利用して、OSメディアを作成します。
作成後、コンピュータをシャットダウンして再起動すれば、OSのインストールを開始できます。

Windows10は旧OSの設定を引き継いでインストールする方法が一般的ですが、安定して使う場合はクリーンインストールをしましょう。
自信のない方は、無理にアップグレードしなくても問題はありません。http://www.ap4.co/epiler-vio/