Month: 3月 2018

自分は自分、他人は他人、と思えたら悩みは減る

10代の頃は、自分の好きなものに誇りを持っていた、と思います。
例えばあんまり有名じゃないアーティストが好きだったり、曲もアニメやマンガ、小説も、みんなが知らないような所謂マイナーなものが好きでも胸を張って好きだと言えました。
でも20代になって、みんなが好きなものを好きになれないことが悩みになっていきました。
例えば人気の曲とか映画とか小説とか、聴いてみても人気の理由がわからなかったり映画観ても面白さがわからなかったり小説読んでも期待以下だったり。
私はみんなと同じものが好きになれないと気付いて焦っています。
自分が好きなものに対しても、みんなは好きではないんだ、と思うと好きなものさえも恥だと感じ始めました。
好きなものを好きと自信を持って言えていた10代と何が違うんでしょうか。
嫉妬に似ていることはわかっています。
自分の好きなものはなんで人気が出ないの?とか。
これが人気曲なのになんで私の好きなこの曲はみんな知らないの?とか。
自分勝手な気持ちで焦って嫉妬しています。
自分の好きなものと他人が好きなものを比べることを止めれば楽になるのでしょうが、今の私には難しいです。借り換え カードローン おすすめ

いったい何に無駄遣いをしているのか、自分でもわからない

毎日、それほど無駄遣いしているという感覚を持っているような人なんていないでしょう。
でも、どうしてこうも毎月、お給料日前にお財布の中が厳しい状態になるのか、私は不思議で仕方ありません。
結局、そういうタイミングで見返してみると、余分な外食が多かったり、ネットショッピングでいらないものを買っていたりするんですよね。
ネットショッピングなんかでは、その時には「いま買うしかない!」と思って買っていても、結局、それほど必要なものではなかったりします。
自分を甘やかすときの言い訳なんていくらでも思いつくので、自分で自分のことが怖くなってしまいます。
あまり我慢しすぎも良くないと言いますが、それにしてもどうして自制が効かなくなってしまうのでしょうか。
同じくらいの年齢で、貯金が100万円とか200万円あるというような人は、一体どんな工夫をしているのか聞いてみたいものです。
でも、そのくらいの貯金があれば、私みたいにお金がないという悩みからはきっと解放されるのでしょう。
それを使ってしまっては意味がないのだが、貯める苦労を知っているからこそ節度を持って買い物ができたりするのかもしれません。