香りを気にする方って多いですよね。一際自分の香りは、自分では気が付かないところが厄介です。感覚のよろしい香りセンサーがあればなあ・・と考えていたら、ありました。いや、おりました。それはマイホームで飼っていらっしゃる猫くん。こういう猫くんはちょくちょく鼻をヒクヒクさせて、私の香りを嗅いでいらっしゃる。それで嫌がっているのではなく、甚だ酔いしれている雰囲気なのです。とくに好きなのは歩き。「いやあ」と仰るかもしれませんが、好きなものは好きなのです。脱ぎたての靴下なんかも宝物。フェロモン感じが汗のにおいには含まれているのでしょうね。ここで陳述はいくぶん飛びますが、過日、地下街を歩いておりましたら、石鹸を並べる店頭の呼び物に、ナポレオンの申し立てが書かれているのを掘り起こし。原文のままではありませんが、「(遠征から間もなく舞い戻るので)、そなたの素敵な悪臭を洗い流さないように」という文で、これはナポレオンがマミーに宛てたレターからの引用ですね。言わば、ナポレオンもマミーのフェロモンがフェチだったわけです。でも、そのときつい思ったのですが、これは石鹸で洗わないようにという理由ですよ。石鹸屋くんは、そのあたりの事象理解しているのでしょうか。アイフル 窓口