野球のバッティングには、様々な打法や技術が用いられておりますが、そのバッティング技術の1つに「流し打ち」があります。
流し打ちは「逆打ち」とも言われ、左打者ならレフト方向へ、右打者ならライト方向へ打ち返す技術のことです。
流し打ちは、その打法の特徴からメリットとデメリットがあります。

流し打ちは、手元までボールを引き付けて、打者により近いポイントでボールをとらえ逆方向に打ち返すので、打席でボールを長く見ることができます。
その上、コンパクトにスイングするので、様々なボールに対応できるようになります。

しかし、早いボールには詰まる確立が高くなるので、バットコントロールだけでなく、スイングのヘッドスピードが求められる技術なのです。
速球派投手の場合、振り送れてファールになったり、詰まって凡打になったりしやすくなるため、状況に合わせたバッティングを使い分けているのが、プロの打者なのです。

この点を意識してプロ野球中継を見ると、打者はただ来たボールを打っているだけではないと分るはずです。ベルタ酵素 どこに売ってる